2015年07月21日

ブルーベリーの効果・効能

ブルーベリーが目にいいことは確かですが、ブルーベリーを食べたからといって、視力低下が改善する!ということはありません。
疲れ目やドライアイによる視力の低下に効果があるということです。

 ブルーベリーに含まれる色素の「アントシアニン」が、疲労した瞳を助ける役目をするといわれています。

 またブルーベリー中には、そのアントシアニンが15種類もあり、イチゴの含有量と比べると、約10倍あるそうです。

アントシアニンを摂取することで、すぐに効果が現れますが、およそ1日で効果がなくなってしまいます。
そのために、サプリメントも飲み続けることが必要なのです。

 ブルーベリーは『目に良い』ということは分かったと思いますが、『目』以外にも効果を発揮するものがあります。

肌の若返り
ブルーベリーの成分が、肌の老化を遅らせるという効果。

尿路感染予防
子供によく見受けられる尿路感染を予防。

血管保護作用(冷え性)
血管を強くする働き。血流を良くし、冷え性などに効果があり。

目だけでなく、色々な効果が期待できますね!
posted by 飯田 at 23:09| Comment(0) | ブルーベリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。